カロバイプラス シボヘール
ダイエットをするにあたってサプリを飲んでみたいと考えているけれど、どの種類のものにすれば良いか悩んでしまうという方は多いでしょう。

それくらい最近ではダイエットをサポートするサプリの存在が広く知られていますよね。

そんな中でも今回はカロバイプラスとシボヘールで悩んでいる方に向けた調査を行っていきます。

カロバイプラスとシボヘールの共通点とは?異なる点は?など気になる疑問を解消していきます。

カロバイプラスとシボヘールの共通点とは?

ではまずカロバイプラスとシボヘールの共通点を見ていきましょう。

カロバイプラスとシボヘールはどちらもダイエットをサポートするサプリという位置づけにありますが、実はあまり共通点がありません。

販売元も違えば、配合されている成分も異なります。

共通している点はサプリであること、水やぬるま湯で噛まずに飲むという基本的なこと。

またGMPを取得している国内工場で製造されているという安全面では共通し、公式サイトから定期購入に申し込むと安く購入できるという点でも共通しています。

サプリのため即効性があるものではなく、どちらも3ヵ月程度の使用で効果を実感できるため継続して使用することが勧められています。

しかしながらどんな人に向いているサプリなのかという部分や、配合されている成分が全く異なるため対象者も異なります。

以下でカロバイプラスとシボヘールの異なる点を見ていきましょう。

カロバイプラスとシボヘールの対象者や成分とは?

カロバイプラスとシボヘールはダイエットをサポートする役割があるという点では共通していますが、そもそもの対象者が異なってきます。

ポイント1:カロバイプラスの対象者

カロバイプラスはもともと韓国で人気のでたサプリを日本人向けとして販売した商品であり、対象者は比較的若い世代と言えます。

というのも韓国のアイドルや俳優がこのサプリを愛用していることで知られていることから、韓国のアイドルのスタイルに憧れる世代に人気のあるサプリだからなのです。

カロバイプラスは1日1回朝食前に飲み、毎日の食事の制限をしたり運動をしなくても糖質や脂肪を抑制する効果があるとされています。

過度な食事制限はリバウンドの元になるとも言われているため、そのような事態にならないためにもカロバイプラスを使って適切な食事を摂りながら、太りにくい体作りを目指していくことができるのです。

主な成分は緑茶カテキン、桑の葉抽出物、ビタミンとミネラルとなっています。

糖質や脂肪の吸収を抑制、中性脂肪・LDLコレステロールにアプローチをかけ、便秘解消効果やビタミンミネラルにより美容効果を実感できるものとなっています。

ポイント2:シボヘール

シボヘールは“お腹の脂肪を減らすのを助ける”ことを目的とした機能性表示食品です。

具体的な対象者はBMI25~30の肥満気味の方とされ、年齢とともにお腹の脂肪が気になりだした方向けとなっているためどちらかというと若い方向けではないということになりますね。

シボヘールに配合されている葛の花由来イソフラボンは中性脂肪の合成を抑制する働きをサポート、脂肪の分解をサポート、脂肪の燃焼をサポートする役割を持っています。

そのため体全体のダイエットというよりは、お腹の脂肪が気になる方、内臓脂肪・皮下脂肪を減らしたい方向けのサプリということになります。

カロバイプラスもシボヘールもダイエットをサポートする役割を持つサプリですが、それぞれ働きかける場所が異なります。

そのため対象者も異なるため、自分が求めている効果がどういったものなのかを具体的に把握してから購入を検討するのが良いでしょう。

目的や効果を把握しておくと、その分早く効果を実感できることにも繋がるでしょう。