カロバイプラス 寝る前
カロバイプラスはどのタイミングで飲むかによって、効果の実感力が変わります。

特に夜寝る前に飲んでも、カロバイプラスの効果を感じることができず、いくら続けても痩せることはできません。

なぜ寝る前に飲んでもダメなのでしょうか、カロバイプラスの効果が出る飲むタイミングについてまとめてみました。

寝る前にカロバイプラスを飲んでも意味がない?

カロバイプラスの公式サイトをみてみると、いつ飲めばいいかの質問に対し、「朝食を食べる30分前に飲むこと」と記載されています。

朝食の前に飲まないといけないと、朝はバタバタして忘れてしまいそうですし、寝る前に飲んだほうが忘れずに続けることができそうですよね。

それなのになぜカロバイプラスは寝る前に飲んではいけないのでしょうか?

カロバイプラスは胃の中は空っぽの状態の時に摂取するとこで、成分の吸収力を高めることができ、成分効果を発揮することができます。

胃の中に何か入っている状態でカロバイプラスを飲んでも、うまくカロバイプラスの成分が吸収されることができなくなり、体に吸収される前にそのまま排出されてしまうことも。

朝食を食べる30分まであれば、寝ている間は何も食べないですし、夕食の分もすでに消化されているので、しっかりとカロバイプラスの成分効果を実感することができるのですね。

朝食を食べる直前ではダメなの?と思われるかもしれませんが、カロバイプラスを飲んですぐに何かを食べてしまっても、食べたものがカロバイプラスの成分吸収を邪魔してしまうので、必ず朝食を食べる30分前に飲むようにしましょう。

飲み忘れてしまうなら

朝食を食べる30分前となると、朝のバタバタして忙しい時間帯を考えたら飲み忘れてしまいそうですよね。

カロバイプラスで効果を実感するには、飲むタイミングも大事なことではありますが、毎日継続することも重要なポイントです。

しかし、朝食の30分前に飲まなければいけないと寝る前には思っていても、朝目覚めるとつい忘れてしまう方も多いでしょう。

どうしても朝食を食べる30分前に飲むのを忘れてしまうのであれば、朝目覚めてすぐに飲むようにしてください。

寝室に水が入ったペットボトルとカロバイプラスを置いておき、朝目覚めてすぐに飲むように習慣化すれば、飲み忘れを防ぐことができるでしょう。

どれくらいで効果を実感できる?

カロバイプラスは寝る前ではなく、朝食の30分前に毎日続けて飲めば、自然と体重を落とすことができるでしょう。

どのタイミングで飲めば効果があるのかは分かりましたが、きちんと毎日続けていればどれくらいで効果を実感することができるのでしょうか?

カロバイプラスは体に負担をかけることなく、少しずつ理想の体型へと導くことができます。

そのため、最低でも3カ月は続けば、確かな効果を実感することができます。

ですが、カロバイプラスを3カ月以上続けて飲んでいたとしても、暴飲暴食を繰り返していれば、なかなか痩せることはできません。

ダイエットのためだけでなく、健康的な食生活へと改善させるためにも、食べ過ぎには注意して、栄養バランスを考えた食事を摂るように心がけてくださいね。

寝る前にカロバイプラスを飲んでもせっかくのダイエット効果を実感できなくなってしまうので、必ずカロバイプラスは朝食の30分前に摂取するようにしてください。

朝起きてすぐに飲むなど習慣化してしまえば、毎日続けることは決して難しいことではありません。

ダイエットは毎日着実に続け行けば、必ず理想の自分になることができます。

頑張ってダイエットをしているのに痩せられないと悩んでいるなら、カロバイプラスでなりたいスタイルを目指してみませんか?