カロバイプラス 授乳中
授乳中や妊娠中は体調の変化が大きく、心身ともに揺らぎやすくなる時期でもあります。

授乳中や妊娠中に体重の変化が気になるという方も多くいますが、その変化には個人差がつきものです。

栄養が必要な時期でもあるので極度な食事制限は避けたいですよね。

そこでサプリに頼りたいという気持ちが高まるのもの。

カロバイプラスはダイエットのサポートをしてくれるサプリですが、授乳中や妊娠中に飲むことはできるのでしょうか。

授乳中にカロバイプラスを飲んでも良いの?

妊娠中は自分の身体の中に子供がいるため、自分が食べたものがそのまま子供に栄養として行きわたるため、食べるものに注意をしているという方が多いですよね。

授乳中になるとその意識がいくらか和らぐかと思いますが、それでも自分が食べたものを母乳として子供に与えるため責任は伴うものです。

自分だけのためならダイエットのためにカロバイプラスを飲むという方も多いと思いますが、授乳中となると子供に何かしらの影響があるのでは?と不安になってしまいますよね。

カロバイプラスは子供の服用を禁止しています。

マルチビタミンのような必要な栄養素のサプリは子供が飲めるものもありますが、ダイエットサポートサプリは子供には必要はなく、錠剤といったところでも子供にとって危険要素になることがあります。

カロバイプラスは授乳中や妊娠中に飲む際は、かかりつけの医師に相談をする必要があります。

カロバイプラスには糖質や脂肪を抑制する効果があり、便秘解消効果のある成分も配合されています。

カロバイプラスの場合は食事制限をするのではなく、毎日の食事から摂り続けて脂肪となってしまう成分を抑制することができるため、今までと同じように食べていても体に脂肪がつきにくくなるという効果があるのです。

しかしカロバイプラスを飲んでいる間は何でも好きなものを食べても良いというわけではなく、脂っこいものをなるべく控えてバランスのとれた食事にするなどの努力は必要です。

カロバイプラスに含まれる成分の中で授乳中や妊娠中におすすめできないものは、緑茶抽出物カテキンです。

カロバイプラスにはこの緑茶抽出物カテキンが1日分800㎎の高配合。

妊娠中は葉酸を積極的に摂取するようにと聞いたことがある方が多いのでは?

葉酸は胎児の成長に必要不可欠な要素なのですが、カテキンがこの葉酸の働きを妨げてしまうのです。

カテキンは普段購入するお茶などにも含まれていますが、量が多くならなければ問題ないとも言われています。

しかしカロバイプラスはカテキンが高配合されているため、授乳中も妊娠中も少なからず影響を及ぼす可能性があるため避けた方が良いということになります。

そのため妊娠中のカロバイプラスの摂取は避け、授乳も終わり落ち着いてきた頃に摂取するのが良いでしょう。

産後太りが気になってカロバイプラスに頼りたくなるという方も多いかもしれませんが、授乳中は避けて食事のコントロールや運動で産後太りを解消するのが安全でしょう。

安全に飲むために

カロバイプラスを安全に飲むためには、正しい使い方をすることが必要となります。

ダイエットサポートサプリは効果がないからといって、1日分の摂取量を超えて飲んでしまったり、自己流の飲み方をして良いわけではありません。

授乳中や妊娠中の服用は避けて医師に相談をすること、また現在服用中のものがある方も医師に相談をしたうえで摂取をすること。

カロバイプラスは朝食前に飲むことが勧められていますが、胃の中が空っぽの状態だと胃が弱い方などは胃痛を起こす可能性もあります。

その際は多めの水で飲むか、軽く食事を胃に入れてから飲むなどの工夫をしましょう。

またカロバイプラスにはカニ由来の成分が配合されているため、食物アレルギーがある方も注意が必要です。

簡単に痩せたいという気持ちは女性の気持ちとして賛同しますが、自分の身体のことそして子供のことを一番い考えて摂取すべきかどうか判断しましょう。

カロバイプラスを安全に使用するために、注意事項を必ず守るようにしましょうね。